高齢者が運転しなくて済む環境を
   

   29年1月16日(月)産経新聞 ジュニアの投稿欄
   ひこばえ倶楽部より

 中学生 平下珠里 15歳


 最近、高齢ドライバーによる交通事故のニュースをよく聞きます。どうすれば、高齢者による交通事故を防ぐことができるようになるのでしょうか。

 それは、運転免許を自主返納しやすい環境をつくることだと思います。運転する必要がなくなれば、免許証を返納する高齢者も増え、事故を減らすことができます。

 それには、できるだけ高齢者を1人暮らしさせないことも必要だと思います。

 一緒に暮らす家族がいれば、高齢者が自分でハンドルを握る必要もなくなります。高齢になってから運転に不安を感じていながら、身近に運転を頼む人がいないため、自分で車を運転しなければならない人も多いのではないでしょうか。

 高齢者の事故を減らすには、周囲の人たちの協力も欠かせません。若い人たちも、自分とは無関係だと考えず、高齢者が運転せずに済む環境を整える方法を考えていくべきだと思います。(岐阜県美濃加茂市)
コメント
コメントはありません。
: URL : : : PAGE UP↑↑↑
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバックはありません。