日本人としての芽〜つきBONのブログより
  先月、陛下がご来県したときのパレードで日の丸の小旗をもらった。そのまま家に持って帰ったのだが、三才になった孫が目を付け、これを振って遊ぶようになった。「こっきのほん」というのがあったので、以来絵本のようにこれを開き、この旗はここにある何という国のだよ、と説明してやっている。

 孫は「カーズ」や「きかんしゃトーマス」が好きなので、アメリカやイギリスの旗を描いてやったら、それに棒を付けてもらっていた。そのうち日本はじめ、自分で描けそうな旗を描いてはコレクションを増やしている。「デンマーク」とか「フィンランド」なども覚えてしまった。竜も好きなので、私は先日苦労してブータンの国旗を描いてやった。

 社会科の教員としてはうれしいものである。こうして自分が住むところには国というのがあり、それがいろんな世界に広がっているという認識を持つようになるのであろう。娘に聞くと、最近は車で走っている最中にも街角や沿道にある日の丸をめざとく見つけて「あそこにあったよ」と教えるという。この間はご来県の陛下の映像が映っていたので「この人が日本でいちばんえらい人だ」と教えたら、以来この子にとっては「いちばんいい人」として定着している。

 下の子は悠仁親王殿下と同じ誕生日(10才違い)だったので「悠馬」と名付けている。かなり遠い将来だが、自分のバースディが天皇誕生日に重なってくることになる。
 
 国への帰属心というのはやはり系統的に家庭や学校で教えるべきものであろう。やさしさとか思いやり、勇気や正しさなどというのは普通の暮らしの中で自然に身につく部分もある。しかし、自分の住む地域や国についてはなかなかそうはいかない。国体や五輪の応援では不十分であり、外国のことを知ったり郷土や母国の歴史・文化を学ばねば育たないのである。

 時に教員の中にも「愛国心など教えなくてもよい。愛されるような国になれば自然に身につくのだ」というご仁がいらっしゃる。こういう方に限って道徳教育にも懐疑的なのであるが、世界に出て真に通用するのは「日本人としての誇りや気概、アイデンティティを持っているかどうか」である。根無し草的な地球市民とやらを演じても「世界」は冷ややかに肩をすくめるだけであろう。

 一流のアスリートほど胸やソデに国旗をつけてプレーできる誇らしさを語ってやまない。その種目や分野で祖国の名誉を背負い、栄光をめざしてひたむきにがんばる姿に世界は拍手と声援を送る。戦った後に生まれる友情も絆もそれあらばこそ、である。

 戦争ですら同じであろう。真珠湾攻撃で被弾し、格納庫の敵戦闘機を巻き添えにして散華した飯田房太大尉は米軍によって手厚く葬られ、のちに記念碑を建てられた。単機米国本土に空襲をかけた藤田信雄中尉は、戦後現地で名誉市民の称号を受けている。東南アジアの日本兵が残した日本刀はベトナム戦を戦った現地兵士にとって心の支えとなっていた。今なお世界中でカミカゼ・ソルジャー、イオウジマ・ソルジャーがどれほど厚い尊崇を受けているかを戦後教育は決して語ろうとしない。

 人は好きなものからしか学ぶことはできないという。日本が好きであればこそわかること、身につくこともあるのである。うちの孫どもも郷土愛と愛国心を備えた大人に育ってほしい。

平成29年10月9日(体育の日)大津寄章三先生のブログから
コメント
コメントはありません。
: URL : : : PAGE UP↑↑↑
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバックはありません。